本文へスキップ
長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会のホームページへようこそ。

あなたは、海に沈んだ炭鉱…長生炭鉱をご存知ですか?
山口県宇部市の東部、瀬戸内海に面した床波海岸に、まるで墓標のように、旧長生炭鉱の2本のピーヤ(排気・排水筒)が海面から突き出ています。
1942年2月3日朝、長生炭鉱(1932年創業)の海底に延びた坑道のおよそ1q沖合で水没事故(水非常)が起き、183名の坑夫たちが亡くなりました。そのうち7割に及ぶ、136名が朝鮮人労働者でした。
犠牲者は一人として遺体を引き上げられることなく、今も暗く冷たい海に眠ったままです。

お知らせtopics

『日韓市民による世界遺産ガイドブック 「明治日本の産業革命遺産」と強制労働』 (日本の市民団体「強制動員真相究明ネットワーク」と韓国市民団体「民族問題研究所」が共同で発刊)が公表されました。
これが発刊されたのは以下の理由によります。
2015年7月5日、ドイツのボンで開催された第39回ユネスコ(UNESCO、国際連合教育科学文化機関)世界遺産委員会は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」を世界遺産に登録しました。「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録された際、世界遺産委員会は、日本に対して、各施設の「歴史の全貌」が分かるようにする「解釈戦略」を立てなければならないと特別に勧告しました。これをふまえ、佐藤地ユネスコ日本大使は、「日本は、1940年代にいくつかのサイトにおいて、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと、また、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である」(日本政府訳)という立場を明らかにしました。さらに、「日本は、インフォメーションセンターの設置など、犠牲者を記憶にとどめるために適切な措置を[世界遺産委員会が勧告した]説明戦略に盛り込む所存である」とも発言しました。しかし、これまでの日本政府の対応から、世界遺産委員会の勧告を日本政府が忠実に履行するとはみられません。わたしたちは強制労働被害者と共に日本と韓国で被害の真相を明らかにし、被害回復にむけて活動してきました。その立場から、「明治日本の産業革命遺産」の説明では、不都合ではあっても背を向けてはならない強制労働などの「負の歴史」を加えなければならないと考えます。日本の植民地支配と侵略戦争によって被害を受けた人びとの訴えは今も継続しています。第二次世界戦争が終わってから70年余りが過ぎたにもかかわらず、いまだに強制動員、強制労働の傷が解決されていないからです。「負の歴史」の徹底した真相究明、謝罪と賠償、犠牲者追悼と記憶がすすめられなければならないのです。これが、わたしたちが「明治日本の産業革命遺産」を批判する理由でもあり、このガイドブックをつくった目的でもあります。
(ガイドブック「はじめに」より抜粋)

☆長生炭鉱水没事故76周年犠牲者追悼集会開催日決定!

2018年1月20日(土)追悼ひろばにて 韓国より犠牲者遺族を招き、追悼集会を開催することとなりました。


新着情報news

      
2017年9月08日 
長生炭鉱のピーヤ(旧長生炭鉱排気竪坑)に関する説明板についての要望書 に対する 回答書 を受け取りました。        
2017年6月30日 
長生炭鉱のピーヤ(旧長生炭鉱排気竪坑)に関する説明板についての要望書 を提出しました。        
2017年7月28、29日 
夏の学習会を開催しました。        
2017年5月20日
第4回定期総会&映画「払い下げられた朝鮮人」上映会を開催しました。
2017年4月29日
春のフィールドワークを開催しました。
2017年3月24日
「長生炭鉱のピーヤ(旧長生炭鉱排気竪坑)に関する説明板についての要望」賛同者を募集します  
2016年7月30日
長生炭鉱水没事故75周年犠牲者追悼集会を開催しました。  
2016年7月30日
夏の学習会を開催しました。  
2016年7月1〜3日
韓国・遺族会総会に参加しました。  
2016年5月21日
第3回定期総会&映画「隠された爪跡」上映会を開催しました。  
2016年5月14日
ブログを開設しました。        
2016年5月3〜6日
韓国・プチョン市より中学生が来日・交流しました。        
2016年4月23日
春のフィールドワークを開催しました。        
2016年1月30日
長生炭鉱水没事故74周年犠牲者追悼集会を開催しました。        
2015年8月1日
夏の学習会を開催しました。
2015年5月30日
山口武信さんを偲ぶ会を開催しました。
2015年5月30日
第2回定期総会を開催しました。

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会

〒755-0031
山口県宇部市常磐町1-1-9
宇部緑橋教会

TEL&FAX  0836-21-8003
Email kizamukai@chouseitankou.com

関連団体 
宇部緑橋教会
大韓民国遺族会
朝鮮学校を支援する山口県ネットワーク

スマートフォン版