本文へスキップ
長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会

プロフィールprofile

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会は、朝鮮半島の人々並びに在日コリアンとの友好と親善を育み、平和を作り出すことを目指しています。

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会について

1942年2月3日に起こった水非常(水没事故)は、当時、市民には詳細は知らされず、歴史から葬り去られようとしていました。1991年、この事実を受け止め、歴史に刻むために、「長生炭鉱の“水非常”を歴史に刻む会」を結成し、@犠牲者全員の名前を刻んだ追悼碑の建立、Aピーヤの保存、B証言、資料の収集と編纂 の3つの目標をかかげ、活動を開始しました。そして、2013年2月、目標の一つである追悼碑を建立したことを契機に、更なる大きな課題である遺骨の収集という問題に立ち向かうべく、2014年に新しく「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」を発足しました。


長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会の活動計画(2017年度)

1.遺骨・遺品等の収集と返還
2.追悼式・追悼集会の開催
3.学習会・研修会およびフィールドワークの開催
4.追悼碑(追悼ひろば)の拡充
5.ピーヤ等の保存
6.証言・資料(史料)の収集と編纂
7.山口朝鮮初中級学校への支援
8.その他、目的を達成するために必要な活動

長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会

〒755-0031
山口県宇部市常磐町1-1-9
宇部緑橋教会

TEL&FAX  0836-21-8003
Email kizamukai@chouseitankou.com

関連団体 
宇部緑橋教会
大韓民国遺族会
朝鮮学校を支援する山口県ネットワーク