韓国政府

韓国政府 · 2019/07/01
韓国行政安全部の黄棟俊(ファンドンジュン)課長ら3名が長生炭鉱現地訪問。6月3日韓国で面談した時に「現地を訪問したい」と述べてから、わずか1か月で実現した。 黄課長は「遺族の気持ちに寄り添い、この問題を解決するために、まず現地を訪問しその気持ちを共有したいと思ってきた。」と述べ、追悼碑に献花をした。目に涙を浮かべ、言葉に詰まって、犠牲者に思いをはせる場面もあった。 遺骨収集に向けてお互いに協力していこうということを確認した。