長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会について

1942年2月3日に起こった水非常(水没事故)は、当時、市民には詳細は知らされず、歴史から葬り去られようとしていました。1991年、この事実を受け止め、歴史に刻むために、「長生炭鉱の“水非常”を歴史に刻む会」を結成し、①犠牲者全員の名前を刻んだ追悼碑の建立、②ピーヤの保存、③証言、資料の収集と編纂 の3つの目標をかかげ、活動を開始しました。そして、2013年2月、目標の一つである追悼碑を建立したことを契機に、更なる大きな課題である遺骨の収集という問題に立ち向かうべく、2014年に新しく「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」を発足しました。

 

  長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会の活動計画(2018年度)
            1.遺骨・遺品等の収集と返還
            2.追悼式・追悼集会の開催
            3.学習会・研修会およびフィールドワークの開催
            4.追悼碑(追悼ひろば)の拡充
            5.ピーヤ等の保存
            6.証言・資料(史料)の収集と編纂
            7.山口朝鮮初中級学校への支援
            8.その他、目的を達成するために必要な活動

追悼集会

1992年より事故の日に合わせて、毎年韓国から遺族を招いて追悼集会を開催し、事故を忘れじ、広く市民に知らせると共に、遺族との交流をとおして、平和な未来を築くため活動をしています。

 

 【最近の追悼集会の様子】

・70周年追悼集会(2013年2月5日)

「悪魔の飽食」をうたう東京合唱団 混声合唱「海の墓標」

・71周年追悼集会(2013年2月2日)

広島友好さん脚本朗読劇「アボジは海の底」上演

・72周年追悼集会(2014年2月8日)

新井英一コンサート

・73周年追悼集会(2015年1月31日)

NPO法人 戦没者追悼と平和の会 塩川正隆さん 講演会

・74周年追悼集会(2016年1月30日)

第一部 韓国仏教宗団協議会による追悼式第二部 殿平善彦さん(強制労働犠牲者追悼・遺骨奉還委員会共同代表/浄土真宗本願寺派一乗寺住職)講演会

・75周年追悼集会(2017年2月18日)

韓国・観音宗による追悼式
・76周年追悼集会(2018年1月20日)

韓国・観音宗による追悼式

・77周年追悼集会(2019年2月16日)

韓国・東北アジア歴史財団韓日歴史問題研究所所長 南相九(ナム・サング)さん 講演会

学習会・研究会及びフィールドワークの開催

広く市民に知ってもらうために、随時フィールドワークの受け入れを行っています。また、様々な場所での講演会への講師派遣も行っています。どうぞ、お気軽に事務局までお問い合わせください。

フィールドワークや学習会では紙芝居「アボジは海の底」を活用しています。必要に応じて貸出も行っています。


 長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会主催では1995年より夏に子供向けのフィールドワークを開催してきましたが、夏は暑さが厳しいので、現在は室内での学習を中心に行っています。

 

 2012年より春に長生炭鉱跡地を巡るフィールドワークを開催したり、追悼ひろばでの地域の方々との交流会や、韓国・プチョン市の中学生のホームステイ受け入れなどの活動も行っています。

 

2015年3月21日~22日には強制動員真相究明ネットワークと共催で強制動員真相究明全国研究集会を開催しました。


2017年より宇部平和フェスタと共催で紙芝居のDVD上映会などを開催しています。

証言・資料集

 ☆これまで発刊した資料
・証言資料集【1】―アボジは海の底―
・証言資料集【2】アボジは海の底

         ―追悼碑完成!―
・証言資料集【3】

     ―「刻む会」発足25年特集―

ご希望の方は事務局までご連絡ください。

各1冊300円

2冊セット500円 3冊セット700円

☆韓国・真相糾明委員会による
『長生炭鉱水没事故に関する真相調査』報告書(日本語版)が発刊されました。
ご希望の方は事務局までご連絡ください。

 

 ☆その他

各種資料の収集を行っています。
長生炭鉱に関する情報も同時に募集していますので、情報をお寄せください。

会報誌

年4回会報誌を発行しています。

バックナンバーはこちら

No.72 No.71 No.70 No.69 No.68 No.67 No.66 No.65 No.64 No.63 No.62 No.61 No.60 No.59 No.58 No.57 No.56 No.55 No.54 No.53 No.52 No.51 No.50 No.49 No.48 No.47 No.46 No.45