シンポジウム「戦後補償運動と日韓市民の連携を考える」 オンライン研究会
他団体との連携 · 2021/02/22
2021年2月22日(月)に東京大学韓国学研究センター主催で「戦後補償問題と日韓の市民運動」と題するオンライン研究会が開催されました。 金廣烈(光云大学教授、韓日民俗学会初代代表)さんの講演の後、パネルディスカッションとして4名の登壇者があり、そのうちの一人、大和裕美子(九州共立大額講師)さんが、長生炭鉱の問題について取り上げ、発表してくださいました。 13時から17時過ぎまで、さまざまな問題提起がなされ、意義深い研究会でした。

第13回強制動員全国研究集会で発表しました
他団体との連携 · 2021/02/20
強制動員真相究明ネットワークの第13回全国研究集会は、昨年6月に予定されていましたが、コロナウイルスの関係で延期となっていました。 現地開催が難しい状況でこの1年を過ごし、web集会を開催することになりました。 今回は、富山での開催予定でしたので、富山での取り組み報告を中心に、後半で各地の取り組み報告を行いました。 この後半部分で、井上洋子共同代表が、「長生炭鉱の新しい証言について」報告をしました。 わずか10分という限られた時間の中でしたが、Zoom参加者100名、YouTube参加者17名と、多数の視聴者の中で、報告ができたことは意義深かったと思います。

長生炭鉱水没事故79周年犠牲者追悼集会を開催しました
追悼集会 · 2021/01/30
コロナ禍でも、何とか開催ができました。 第一部では、在日のご遺族と、駐広島総領事、民団、総連の代表がチェサ(韓国式法事)を行いました。 第二部では、韓国遺族会のビデオメッセージ、過去映像証言ビデオ、講演などを行いました。

追悼碑名板が新しくなりました
ひろばの様子 · 2021/01/19
ここ数年、課題となっていた追悼ひろばの名板が石板になりました。 2013年に追悼碑が完成してから、名板で使われていた木の板が日焼けして文字が読めなくなっていたため、どうするかを検討してきましたが、石の名板にリニューアルすることができました。

総会 · 2020/04/14
第7回定期総会を5月16日に予定しておりましたが、この度の新型コロナウイルスの影響を鑑み、運営委員会で検討した結果、総会を中止し、書面での審議をお願いすることとなりました。 正会員の皆さま、書面議決書をお送りしますので、どうぞ書面での審議をよろしくお願いいたします。 必ず返信をお願いします。 賛助会員及び寄付者の皆さま、議案書が必要な方は事務局までご連絡ください。 ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。
行政交渉 · 2020/02/21
2020年2月21日(金)、第45回目になる長生炭鉱水没事故問題解決協議会が開催されました。 今年度2回しか行われておらず、問題解決協議会なのに、問題がなかなか前に進みません。

学習会 · 2020/02/18
2020年2月18日、小雪が舞う寒い日でしたが、年金者組合中国ブロック研修会に参加した皆様が分科会として長生炭鉱のフィールドワークにきてくださいました。

他団体との連携 · 2020/02/15
10年以上前から開催されている防府アスピラートでの切手まつりにパネルを展示しました。 切手まつりとは、使用済み切手を集め、JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)を通じてアジア・アフリカの人たちの健康といのちをまもる活動に協力するものです。 「刻む会」も5~6年前からこの活動に協力しています。

学習会 · 2020/02/15
宇部協立病院の 看護奨学生が地元の歴史を知る・学ぶ一環として、長生炭鉱の学習・フィールドワークに来てくださいました。 看護という職を目指しながら、人権教育をされているのは素晴らしいですね!...

追悼集会 · 2020/02/02
2020年2月1日(土)11時より宇部市床波の長生炭鉱追悼ひろばにて長生炭鉱水没事故78周年犠牲者追悼集会を開催しました。今年は、初めて韓国より行政安全部過去史関連業務支援団 鄭九彰(チョン・グチャン)団長、遺骸奉還課 黄棟俊(ファン・ドンジュン)課長他2名が来日され、韓国より13名のご遺族、日本国内より4名のご遺族が参列してくださいました。 また、駐広島総領事 金宣杓(キム・ソンビョ)様を始め、多数の来賓の方々、一般の参加者の皆様のご参加のもと、朴曜子(パク・ヨジャ)さんの厳粛なサルプリ舞を皮切りに、素晴らしい追悼集会となりました。

さらに表示する