あなたは、海に沈んだ炭鉱…長生炭鉱をご存知ですか?

 

山口県宇部市の東部、瀬戸内海に面した床波海岸に、まるで墓標のように、旧長生炭鉱の2本のピーヤ(排気・排水筒)が海面から突き出ています。

1942年2月3日朝、長生炭鉱(1932年から本格的に操業)の海底に延びた坑道のおよそ1㎞沖合で水没事故(水非常)が起き、183名の坑夫たちが亡くなりました。そのうち7割に及ぶ、136名が朝鮮人労働者でした。

犠牲者は今も暗く冷たい海に眠ったままです。 

長生炭鉱水没事故とは?

長生炭鉱は、山口県宇部市の東部、瀬戸内海に面した床波海岸にありました。当時山口県には多くの炭鉱がありました。その中でも長生炭鉱は海底坑道の危険な炭鉱で、全国的にも比較的朝鮮人労働者の多かった山口県の中でもずば抜けて朝鮮人労働者の数が多く、「朝鮮炭鉱」と呼ばれていたといいます。

1942年2月3日午前6時頃、海岸の坑口から1000メートル以上沖の坑道で異常出水が始まり、午前8時頃水没するという大惨事が起こりました。(※この水没事故のことを炭鉱用語で「水非常」といいます。)

そして、この事故の犠牲者は183名、そのうち136名が朝鮮人労働者でした。

この事故の後、この事実は全く語られることなく、宇部の歴史から抹殺されていきました。

今も遺骨は海の中…

この事故の史実を正しく歴史に刻んでいこうと1991年に「長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会」を結成し、3つの目標を立てました。

①犠牲者全員の名前を刻んだ追悼碑の建立

②ピーヤの保存

③証言、資料の収集と編纂

また、1992年以来、毎年、事故の日に合わせて韓国から犠牲者の遺族を招いて追悼集会を開催しています。

2013年2月2日、念願の追悼碑を建立したことを契機に、更なる大きな課題である遺骨の収集という問題に立ち向かうべく、2014年に新しく「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」を発足しました。

遺骨収集はとても大きな課題です。

私たちだけの力ではとてもなしえません。

多くの皆様と協力しながら、一日でも早く実現していきたいと思います。

(2021年1月、名板を木札から石板に変えました。詳細は『刻む会たよりNo.80』参照)

唯一の遺構 2本のピーヤ

1990年代には、坑口や巻櫓(まきやぐら)の台座など炭鉱の遺構がありましたが、遺構はいつしか誰かに撤去され、坑口もどこか分からなくなってしまっています。

長生炭鉱がここに存在したことを示す唯一の遺構として、海の中に2本のピーヤが立っています。

そして、このピーヤの下に水没事故で亡くなられた犠牲者が今も眠っています。

したがって、遺族にとっては墓標ともいえるものです。

また、全国的にもこのように海の中に立っているピーヤは他にはありません。

私たちはこのピーヤの価値を多くの方々と共有し、未来へ遺していきたいと思います。


お知らせ


宋富子講演ツアー2022 宇部講演会 を開催します!

2022年11月5日(土) 13:30~15:30

場所:日本基督教団 宇部緑橋教会


80周年追悼集会を開催しました!

 第一部 11:00~12:00 

 追悼式     https://youtu.be/SZoM8Puaejg 

  ※ライブ配信ができず、申し訳ありませんでした。

半日遅れとなりましたが、録画配信できましたので、ご視聴よろしくお願いします。

第二部 14:00~16:30

    遺骨収集と返還に向けてのシンポジウム

    https://youtu.be/UGPK0JBsGc4

韓国・遺族会楊玄さんより追悼集会視聴の感想が届きました。

「追悼集会1部・2部の行事とKBS追悼式の映像を見ました。特に1部の青年の声のメッセージと、さらに犠牲者名を朗読する際には胸が熱くなる感銘を受けました。どうもご苦労様でした。歴史を刻む会のお二人の代表と会員の皆様に

遺族会を代表して心より感謝申し上げます。」

 

たくさんの報道がありました。

ありがとうございます。

ブログページにて紹介しています。

NHK山口放送では2月17日、2度目の放送がありました。



2021年8月14日(土)17時00分~ TBS報道特集

長生炭鉱が登場しました!

7月16~18日に取材があり、全国的にテレビで初めて取り上げられました。

長生炭鉱で朝鮮人労働者136人が強制労働の果てに海の底に捨て置かれたままということを全国に知っていただく素晴らしい機会となりました。

YouTubeで見逃し配信中です!最後の9分程度に出てきます。

まだご覧になっていない方!ぜひご覧ください!


Music Video「가지마요 -カヂマヨ-」

ハルナユ

福岡在住のシンガーソングライター

犠牲者の姪の孫にあたります。

長生炭鉱水没事故をテーマに、もう会えない愛する人への叫び、海の底に眠る魂への祈り…この曲をきいた方々の心が優しくなりますようにと願いを込めてつくってくださいました。

79周年追悼集会では、ご遺族代表としてチェサ(韓国式法事)を執り行ってくださいました。

79周年追悼集会の様子はこちら → ブログ


犠牲者遺族を探しています

現在、遺骨発掘を目指して活動する中で、犠牲者遺族のDNA採取を行っています。

犠牲者遺族に関する情報がありましたら、事務局までご連絡ください。

 

犠牲者の一覧

朝鮮人犠牲者

日本人犠牲者

※なお、この名簿は韓国・真相糾明委員会の資料を基に作成しています。実際と異なる場合もありますが、ご了承ください。