あなたは、海に沈んだ炭鉱…長生炭鉱をご存知ですか?

 

山口県宇部市の東部、瀬戸内海に面した床波海岸に、まるで墓標のように、旧長生炭鉱の2本のピーヤ(排気・排水筒)が海面から突き出ています。

1942年2月3日朝、長生炭鉱(1932年から本格的に操業)の海底に延びた坑道のおよそ1㎞沖合で水没事故(水非常)が起き、183名の坑夫たちが亡くなりました。そのうち7割に及ぶ、136名が朝鮮人労働者でした。

犠牲者は今も暗く冷たい海に眠ったままです。 

長生炭鉱水没事故とは?

長生炭鉱は、山口県宇部市の東部、瀬戸内海に面した床波海岸にありました。当時山口県には多くの炭鉱がありました。その中でも長生炭鉱は海底坑道の危険な炭鉱で、全国的にも比較的朝鮮人労働者の多かった山口県の中でもずば抜けて朝鮮人労働者の数が多く、「朝鮮炭鉱」と呼ばれていたといいます。

1942年2月3日午前6時頃、海岸の坑口から1000メートル以上沖の坑道で異常出水が始まり、午前8時頃水没するという大惨事が起こりました。(※この水没事故のことを炭鉱用語で「水非常」といいます。)

そして、この事故の犠牲者は183名、そのうち137名が朝鮮人労働者でした。

この事故の後、この事実は全く語られることなく、宇部の歴史から抹殺されていきました。

今も遺骨は海の中…

この事故の史実を正しく歴史に刻んでいこうと1991年に「長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会」を結成し、3つの目標を立てました。

①犠牲者全員の名前を刻んだ追悼碑の建立

②ピーヤの保存

③証言、資料の収集と編纂

また、1992年依頼、毎年、事故の日に合わせて韓国から犠牲者の遺族を招いて追悼集会を開催しています。

2013年2月2日、念願の追悼碑を建立したことを契機に、更なる大きな課題である遺骨の収集という問題に立ち向かうべく、2014年に新しく「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」を発足しました。

遺骨収集はとても大きな課題です。

私たちだけの力ではとてもなしえません。

多くの皆様と協力しながら、一日でも早く実現していきたいと思います。

唯一の遺構 2本のピーヤ

1990年代には、坑口や巻櫓(まきやぐら)の台座など炭鉱の遺構がありましたが、遺構はいつしか誰かに撤去され、坑口もどこか分からなくなってしまっています。

長生炭鉱がここに存在したことを示す唯一の遺構として、海の中に2本のピーヤが立っています。

そして、このピーヤの下に水没事故で亡くなられた犠牲者が今も眠っています。

したがって、遺族にとっては墓標ともいえるものです。

また、全国的にもこのように海の中に立っているピーヤは他にはありません。

私たちはこのピーヤの価値を多くの方々と共有し、未来へ遺していきたいと思います。


お知らせ


平和フェスタ2019と共催で夏の学習会を開催します

日時:2019年8月3日(土) 11:00~12:00

場所:宇部市立図書館 2F講座室

 

DVD「アボジは海の底」ビデオ上映とお話を開催します。

 

なお、平和フェスタ2019は8月2日(金)13時~8月4日(日)16時まで開催されており、1F展示室にてパネル展示も行っています。

こちらもぜひお越しください。

犠牲者遺族を探しています

現在、遺骨発掘を目指して活動する中で、犠牲者遺族のDNA採取を行っています。

犠牲者遺族に関する情報がありましたら、事務局までご連絡ください。

 

犠牲者の一覧